Today 2021年4月21日

注文住宅はどう選べばいいの!?失敗しない選び方

まずは業者選びから始めよう

注文住宅を建てることになったものの、何から始めていいのか悩む方も多いでしょう。注文住宅の良し悪しはどの業者に依頼するかで左右されますので、じっくりと考えて業者を選ぶことが大切です。ハウスメーカーや工務店に依頼するのが一般的ですが、ハウスメーカーは全国規模であることが多く、住宅展示場などを拠点として工場生産方式をとっています。そのため低価格でありながら高品質を保てるのがメリットですが、ある程度決められた仕様の中から選ばなければなりません。

一方で工務店は細部まで自分のこだわりが実現できるのがメリットです。全国展開している工務店もありますが、地域に密着している工務店も多く、職人が現場で建築していくのでどうしても仕上がりは職人に腕に左右されてしまいます。両者の違いをしっかり理解したうえで、どの業者に依頼するのかを決めるようにしましょう。

ちゃんと意見を聞いてアドバイスをくれる業者を選ぼう

注文住宅にはさまざまな構造や工法があり、業者によって得意分野が異なります。あらかじめサイトや展示場などで、希望する構造や工法を得意とする業者をピックアップしておきましょう。注文住宅は細部までこだわって建てられるのが良いところですが、すべての希望をかなえようとすると実際は住みにくかったり、予算を超えてしまうこともあります。

そういった場合にただ施主のいうとおりにするのではなく、プロの視点からアドバイスをしてくれる業者を選びましょう。しっかりと施主の意見を聞いたうえでアドバイスをし、納得のいくまでわかりやすく説明してくれる業者ならば信頼に値します。工務店への依頼であれば職人の腕はとても重要ですが、まずは業者選びがとても大切だということを念頭に置いてください。

2000万の家は、室内が狭かったり、日当たりや周辺環境などの条件が希望に沿わなかったりするものもありますが、購入費用を抑えたい人に向いています。

Top