Today 2021年4月21日

注文住宅はどの工法で建てるのがよいのか?

家を建てる工法に正解はない

家造りには様々な建築工法が存在しますが、これにしておけば大丈夫という正解は存在しないという点を頭に入れておく必要があります。というのも、各工法にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、ある人にとっては最適な工法であっても、他の人にとってはあまりメリットが受けられない可能性があるからです。そのため、工法を決める際には、それぞれの良し悪しをしっかりと見極めたうえで、もっとも自分のニーズに合っているものを選ぶようにすればよいでしょう。

例えば、多少コストをかけてでも少しでも頑丈な家に住みたいという希望があるのであれば、鉄筋コンクリート造りを選ぶべきですし、スタンダードで快適に暮らせれば十分ということなら、ツーバイフォーにしておけば良いのです。

工法を決めれば住宅メーカーも絞られてくる

注文住宅の工法を決めれば、建物の建築を依頼する住宅メーカーの候補も自ずと絞られてきます。というのも、住宅メーカーごとに得意としている工法は異なるからです。例えば、鉄筋コンクリート造りに対応しているメーカーはそれほど多くないので、もしどうしてもその工法が良いというのであれば、選択肢は限られます。ただし、実際には多くの住宅メーカーは複数の工法に対応していますので、特殊な工法にこだわらない限りは、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

代表的な工法を知っておこう

工法を決めるためには、各工法についての十分な知識を持っておかなければなりません。すべての工法について詳しく知っておく必要はありませんが、少なくとも代表的なものについては知っておくようにしましょう。具体的には、ツーバイフォー、木造軸組み工法、鉄筋コンクリート造りなどです。

福岡の注文住宅を建てるときには、家づくりの専門アトバイザーに意見を求めることにより、効率的に建てやすくなります。

Top