Today 2021年4月21日

賃貸の引越し準備はスケジュール管理が重要?3つの段階で進めよう

引っ越し先の賃貸物件探し

賃貸物件の引っ越しは、退去日から逆算して始める必要があるので、2ヶ月前から計画的に行う方法が有効です。なぜなら、賃貸物件探しを先に行っておかなければ、入居先を退去日までに確保できない可能性があるからです。賃貸物件は申し込み後に入居審査があるので、審査落ちを考慮して複数の物件へ申し込みする必要があります。先に退去を行う旨を現在の住まいで行ってしまうと、慌てて転居先を探すことになるために冷静な判断が難しくなりかねません。

断捨離を実施して荷物量を減らす

転居先の賃貸物件が決まったら、部屋のサイズに合わせて荷物量を予め断捨離により減らしておく方法が有効です。なぜなら、長く住んでいる部屋には既に使わなくなった物が大量に溜まってしまう傾向があるからです。そして、引っ越し準備を開始するタイミングが最も断捨離を決意しやすくなるだけでなく、引っ越し業者へ依頼する際に荷物量が少ないほど引っ越し料金も安上がりとなります。また、断捨離を始めようとしても思い出に浸ってしまうからこそ、早い段階で荷物量を減らす準備をしておかなければ間に合いません。

引っ越し業者を相見積もりで探す

断捨離が済んだ時点で引っ越し業者を探すことになりますが、引っ越し料金に定価は存在しないので相見積もりを取得しなければ安くなりません。なぜなら、1社だけで引っ越し見積もりを行うと割引をしなくても依頼してもらいやすいため、相見積もりで競合引っ越し業者がいる状態よりも高くなりがちだからです。引っ越し準備を早めに始める必要がある理由として、相見積もりを取得するためには期間的な余裕が必要という点が挙げられます。

苫小牧の賃貸は、大都市圏や道内を代表する空港への便が良いエリアの物件が多く、若者やビジネスマンを中心に人気があります。

Top