Today 2021年12月2日

こんな魅力が!狭小住宅のメリットをチェック

土地選びの幅が広がる!

狭小住宅は狭いというデメリットに目が行きがちですが、実は狭小住宅ならではの魅力・メリットがあるんです。注文住宅を一から建てるという場合、まず土地探しから始める必要があります。利便性を考えるのであれば商業施設や学校などが集まっている都市部を選びたいものですが、人気エリアになればなるほど土地代は高騰します。場合によってはある程度の広さがある土地を、探すことさえ難しいケースもあるでしょう。狭小住宅であれば人気エリアでも土地が空いていることもあり、自分が住みたいというエリアにマイホームを建てやすいというメリットがあります。

土地代や税金を抑えられる

狭小住宅は土地が狭いのでシンプルに土地代を抑えることができる点がメリットです。一戸建てのマイホームを持つのが夢だけど、予算に不安を感じるという人も狭小住宅なら手が届くかもしれません。また、土地代だけでなく固定資産税や都市計画税といった費用を、節約できるのもメリットと言われています。税金のことを考え長い目でみると、狭小住宅はお得かもしれません。

目が行き届きやすいので管理が楽チン

一戸建てマイホームを建てた方の中には、掃除やメンテナンスが大変と感じる人も少なからずいるようです。広ければ広いほど掃除をする範囲も増え、掃除をするだけで一苦労ということにもなりかねません。また、住宅は経年劣化によって傷んでくるので必要であれば、住宅設備などのリフォームや取り換えも必要です。狭小住宅は広くないので掃除もしやすく、またリフォームとなった際も広い一戸建てよりも費用を抑えられるなどのメリットがあります。目が行き届きやすく管理が楽チンというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

狭小住宅とは、狭く小さい土地に建てられた家を指します。家が手狭な分、税金や生活費を抑えられるのがメリットです。また、主に都市部に建てられるため交通の便が良く、様々な施設へ気軽に行けることも魅力です。

Top