Today 2021年4月21日

ローコストで注文住宅を建てる方法とポイント

ローコスト住宅ってどのくらいの費用がかかるの?

一度は誰しもが夢見る憧れの注文住宅ですが、ハウスメーカーや工務店によって費用は様々です。その中でもローコストと呼ばれる注文住宅があるのはご存知でしょうか?ローコスト住宅とは一般的な住宅に比べて建築コストを抑えて建てることが出来る住宅です。一般的な住宅は坪単価が60万円前後で工事費の総額は3000万円ぐらいかかるのに対して、ローコスト住宅の場合には40万円前後、工事費込みで2000万円前後ぐらいに抑えることができるのでトータルでの費用の差額が1000万円近くと大きく差があり、かなりの費用を抑えることが出来るのが魅力です。

ローコスト住宅を建てる時のポイント!

ローコストで注文住宅を建てることが出来る理由とは、徹底的な無駄を省いてコストカットをしているからです。一般的なハウスメーカーとは違って広告費や人件費を抑え無駄に費用をかけず、抑えた費用をお客様に還元して販売しているのでローコストで住宅を建てることが出来るのです。その他にも間取りやデザインもシンプルにし建築コストを下げる工夫がされています。つまり建築時に注意しなければいけないポイントとしては、ローコスト住宅を建てる場合には自分の希望する間取りやデザインを妥協しなければいけない可能性があるということです。

ローコスト住宅を建てる場合には十分に気を付けなければいけないポイントがありますが、一般的な注文住宅よりも費用を大幅に抑えることが出来るという大きな魅力があります。理想の住宅を手に入れるために、念入りにハウスメーカーや工務店と相談し、納得した上で憧れの注文住宅を手に入れましょう。

二世帯住宅には、色々な種類があります。玄関のみが共有で他の設備は別々な部分共有タイプ、玄関から全部別々の完全分離タイプ、個人スペースはあるけれど全て共有する同居タイプなどを選べます。

Top