Today 2021年4月21日

「安さ」と「快適性」、賃貸選びで重視するのはどちら?

安さを重視するならアパート

賃貸住宅で家賃の安さを重視するのであれば、アパートを選ぶとよいでしょう。アパートとは、木造や軽鉄骨造の賃貸のことであり、建築費が安く済むことから、家賃もマンションと比べるとリーズナブルになる傾向があります。また、同じ家賃でも、アパートのほうがマンションよりも広い間取りの部屋に住めるというメリットもあります。ただし、アパートは音が響きやすいので騒音トラブルが起こってしまうケースが少なくないことや、誰でも建物に入れる構造になっているためセキュリティが不十分であることに注意すべきです。

快適性や安全性を求めるならマンション

賃貸住宅に快適性や安全性を求めるのであれば、マンションを選ぶことをおすすめします。マンションとは、主に鉄筋コンクリート造の賃貸のことであり、防音性に優れていますし、セキュリティ面が充実している物件も多く見られるのが特徴です。防音性については、壁・床・天井がコンクリートで仕切られているため、木造や軽鉄骨造のアパートと比べると音が響きにくくなります。ですので音に敏感な人や、以前アパート暮らしで騒音に悩まされたという人は、マンションを選んだほうがよいでしょう。

セキュリティ面に関しては、建物の関係者以外の立ち入りを防ぐオートロックが導入されている物件が多く、特に女性が重視するポイントになっています。もちろん、マンションは家賃が高くなるという点がデメリットですが、快適性や安全性に対する料金が上乗せされていると考えるとよいかもしれません。

江別の賃貸物件は単身世帯だけでなく、子育て世帯にもおすすめです。交通の便がよいことに加え、緑豊かな自然が身近にあります。

Top