Today 2021年4月21日

北海道で賃貸する際に知っておきたいこと!

冬の北海道の家は寒い?家賃は高い?

北海道に住む場合、寒さに耐えられるかどうか心配になりませんか?北海道の家の中は、厳しい寒さに耐えられるよう、寒冷地仕様になっています。たとえば、複層の樹脂サッシの窓ガラスが取り付けられていたり、単板のアルミサッシの窓ガラスがほとんどの本州などに比べて、家の中では暖かく過ごすことができるようです。また、札幌は他の主要都市と比較すると、初期費用や家賃相場も低いようです。札幌市内の家賃相場は、新築物件を含めて、1K/1DKで平均4万円ほどで、敷金ゼロや一ヶ月、礼金ゼロであるところが多く、住みやすさといった点からも、北海道への移住を検討する人が多くなってきているようです。

北海道の賃貸住宅の特徴

まず、北海道の札幌市で賃貸をする際、賃貸物件の管理会社は仲介をすることはないため、賃料が均一化されるといった点で、安心できます。また、新築マンションなどの物件でも、立地条件が悪いと空室が出ることもあり、敷金礼金が優遇されているようです。以前は札幌市内に多かったシェアハウスについては、新規就農者などによって活性している地域でも、需要が多くなってきているようですね。

北海道で賃貸する際気を付けたいこと

まず、北海道の冬は、その寒さに備えるために、ガスや石油などの暖房の使用量が多いことを覚えておきましょう。ガス暖房は、直ぐに暖まるといったメリットはありますが、ランニングコストが高めです。一方、石油ストーブは、石油価格の変動や給油の手間があることを覚えておきましょう。また、冬の間氷点下が続くため、水道管の中の水が凍らないように水道管の水を抜く必要があります。この水抜きを怠ると、水道管が破裂したり、家の中が水浸したりすることもあるので、気を付けましょう。

札幌中央区の賃貸は、市内でも賃料や管理費が高めの物件が多くありますが、繁華街や商業地域へのアクセスの良さから高い人気があります。

Top