Today 2021年4月21日

長く快適に住める家を作ろう!注文住宅を建てるときの注意点もチェック

実用性に優れた家にすることが大切

一戸建てを購入する方法では、大きく分けて建売を選ぶ方法と注文住宅で建てる方法があります。建売は土地込みで安く、すでに建築されている場合はすぐに入居できるのがメリットです。とはいえ、間取りやデザインもほとんど決まっていますので、細かいところまでこだわりたい人には向いているとはいえません。その点、注文住宅は間取りやデザイン、建材など自由に選べるのでより理想に近い家を建てることができます。

注文住宅には多くのメリットがありますが、やはり注意点はあります。おしゃれでスタイリッシュな家は多くの人にとって憧れですが、そうした家は実用性に劣る傾向もあります。例えば吹き抜けを作ると開放的になり、おしゃれな雰囲気になりますが暖房が効きにくいことや、照明器具の交換で苦労すること、音が広がりやすいなどのデメリットもあります。長く快適に暮らすには実用性に優れた家にすることも大切です。

生活動線や家事動線を考える

長期に快適な生活を続けるためには、生活動線や家事動線が良い家にすることも大事です。特に洗濯は、干したり取り込んだりと家事の中でも重労働になります。洗濯機を置く場所と干す場所が遠くなることは避けましょう。快適な暮らしをするためには、広さも重視したいところです。とはいえ、部屋を広く取りすぎると収納場所が少なくなるので、部屋が散らかりやすくなるので注意が必要です。間取りを考えるときは、家族の意見を取り入れることはもちろん、専門家のアドバイスにも耳を傾けるようにしましょう。

横浜の注文住宅は多くの人が検討をしています。便利な立地で費用も手頃なので人気が高く注目されています。

Top